LUXMAN製 真空管フォノイコライザー・キット
hot
5fc5dbecb00aa35e7cb38a72 5fc5dbecb00aa35e7cb38a72 5fc5dbecb00aa35e7cb38a72 5fc5dbecb00aa35e7cb38a72 5fc5dbecb00aa35e7cb38a72

LUXMAN製 真空管フォノイコライザー・キット

¥19,800 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

2021年1月19日入荷、在庫ございます。 プラスドライバーとラジオペンチを使い簡単で30分ほどで完成します。 のちにOPアンプを交換してグレードアップも図れます。 満を持して、 いよいよフォノイコライザー登場 真空管大好評シリーズ 第5弾! MOOKラックスマン真空管シリーズ第5弾は、いままで読者から最も付録化のリクエストが多かった、フォノイコライザーが満を持しての登場となります。今回の特徴はなんといっても、イコライザーカーブ(以降EQカーブ)調整機能を搭載していることです。EQカーブは、1950年代に制定されたRIAAカーブというものが一般的ですが、RIAAカーブが標準化される前のレコードは、各社独自のEQカーブでレコードを作っていたので、正しい音で再生するにはカーブを調整する必要があります。本付録のカーブ調整はほぼ全てのEQカーブに対応可能です。使用しているカートリッジやシステムによっても特性は変わるので、自分の耳を頼りにレコードのおいしい部分を引き出してみてはいかがでしょうか。 目次 ●真空管フォノイコライザー・キットを作る ●ラックスマン開発陣に聞く、真空管フォノイコライザー製作話 ●EQカーブを調整してレコードの真価を引き出せ ●真空管フォノイコライザー・キットを改造して楽しむ ①真空管を交換して楽しむ ②OPアンプを交換して楽しむ ③コンデンサを交換して楽しむ