{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

AUDIO DESIGN DCEQ-200

¥550,000 税込

送料についてはこちら

※お取り寄せ商品です。 ※価格は定価表示です。実際のご提供価格はお安くなりますので、説明文の下にあります 【このアイテムについて問い合わせる】 からお問い合わせください。ご購入手続きの際は、ご指定の時間帯でアイテムの価格を変更いたします。お手数をおかけしますが宜しくお願いいたします。 構成 MC用ヘッドアンプとRIAAアンプによる典型的な構成ながら、その内部は革新にあふれています。XLRとRCA2系統の入力を装備、複数のレコ―ドプレーヤーを切り替えて楽しめます。MCカートリッジにおいてはRCA端子入力によるバランス受けに対応しています。従来のレコードプレーヤーでもバランス接続が楽しめます。 回路 ヘッドアンプは8パラ高GmFET採用、RIAAアンプはNFBの改良型を新開発RIAAアンプはディスクリート構成のバランス変換回路を新開発高ゲイン設定でCDプレーヤーと同レベルの出力が得られます実装技術信号経路には磁力を発生するリレーを排除し、機械式ロータリースイッチを採用LR別基板でそれぞれのロータリースイッチをベルト駆動で動作させています 電源 電源には当社が得意な高性能安定化電源に加えて、新開発の整流平滑化ユニットを投入 入力インピーダンス MC用負荷には3-300Ωをロータリースイッチで切り替え。 MM負荷には当社独自のマイナス可変容量回路を採用し、MMカートリッジの周波数特性をフラット化します。 信号経路を簡略化したブロック図 MCカートリッジの場合、ヘッドアンプを通して信号を増幅してからRIAAアンプでイコライジングを行います。MMカートリッジの場合、直接RIAAアンプでイコライジングとバランス変換を同時に行います。 負荷インピーダンス切り替え MCカートリッジ用にXLR端子を備えています。バランス受けの際は負荷抵抗の中心をアースします。またアンバランス受けの際は3番をアースします(この切り替えにはリレーを使用しています)。RCA端子でも同様の切り替えが可能です(MC接続時のみ)。MMカートリッジの場合は入力部でのバランス受けができないため、常時アンバランス受けとし、後段のRIAAアンプでバランス信号に変換します。 フォノイコライジング・バランス変換回路 バランス受けのフォノイコライザアンプとしてL,Rそれぞれに2CHのアンプを搭載しています。HOT,COLDそれぞれの信号に対してRIAA補正を行います。バランス受けのフォノイコライザアンプの中点のアースを外すとバランス変換アンプとなります。MMカートリッジ入力時、またMCカートリッジのアンバランス受け時には、一つの入力信号からRIAA補正したhot,cold信号を出力します。 RIAA偏差 RIAA偏差は+-0.5dB以内に収まっています。 もっと小さくすることも可能ですがスピーカーの周波数特性のあばれに比べてはるかに小さいので、そもそも重要とは考えていません。 歪率 フォノイコライザアンプの歪率です。 5mV入力時に1kHzで0.0015%という十分良好な値を示しています。 外観 ベルトによるロータリースイッチの駆動機構 LR別基板入力切替は磁性体であるリレーを排除して、機械式ロータリースイッチを使用しています。 (アース接続の切り替えにはリレーを使用しています) 仕様 フォノアンプDCEQ-200 項目 仕様 備考 入力端子 XLR(MCのみ)、 RCA 2系統 入力インピーダンス MM 47kΩ -100pF~300pF(連続可変) MC 3/10/30/100/300Ω  出力 1.1V(MM), 2.1V(MC) 利得 MM 47dB MC 73dB @1kHz SN比 MM 90dB (5mV入力,A) MC 79dB(0.5mV入力,A) 歪率 0.0015%  @1kHz RIAA偏差 +-0.5dB 寸法・重量 431x370x106mm 11.6kg 付属品 ACケーブル