{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

ACROLINK 7N-A2110 Leggenda (RCA,XLR)

22,652円から92,664円

22%OFF

送料についてはこちら

  • RCA 0.6m×2本

    通常価格 29,040円

    ¥22,652

    22%OFF

  • RCA 1.0m×2本

    通常価格 39,600円

    ¥30,888

    22%OFF

  • RCA 1.5m×2本

    通常価格 52,800円

    ¥41,184

    22%OFF

  • RCA 2.0m×2本 特注品

    通常価格 66,000円

    ¥51,480

    22%OFF

  • RCA 2.5m×2本 特注品

    通常価格 79,200円

    ¥61,776

    22%OFF

  • XLR 1.0m×2本

    通常価格 39,600円

    ¥30,888

    22%OFF

  • XLR 1.5m×2本

    通常価格 52,800円

    ¥41,184

    22%OFF

  • XLR 2.0m×2本 特注品

    通常価格 66,000円

    ¥51,480

    22%OFF

  • XLR 2.5m×2本 特注品

    通常価格 79,200円

    ¥61,776

    22%OFF

  • XLR 3.0m×2本 特注品

    通常価格 92,400円

    ¥72,072

    22%OFF

  • XLR 3.5m×2本 特注品

    通常価格 105,600円

    ¥82,368

    22%OFF

  • XLR 4.0m×2本 特注品

    通常価格 118,800円

    ¥92,664

    22%OFF

お取り寄せ商品です。 【商品説明】 オーディオファイル一人一人のThe Mile Stone Model。すでに事実上のワールドリファレンスとさえいえる2芯シールドケーブル歴代の“A2110”は、着実な進化を重ねていよいよ第4世代、Leggendaへとステージを高めました。信号は導体を通るという紛うことなき事実、その品位の追求は不変の最優先テーマです。9が七つ並ぶ純度99.99999%=7N。そして配線時の曲げなどにも結晶状態を自己復元するアクロリンク独自のストレスフリー加工により、長期に亘る純度と結晶構造の維持を実現。6N時代からの高音質ノウハウを惜しみなく投入、オーディオ機器のグレードが上がってもより真価を発揮する“相当使える”ケーブルに入念に仕上げています。まさにハイエンドはここから始まる。システムが発展し大規模化すればケーブル同士の交叉や接触やアナログ機器とデジタル機器の混在は避けられず、さまざまなノイズの予期しない種類とレベルでの発生は避けられません。その状況はシンプルなレベルから始まります。この「不可避」を予見したアクロリンクでは他社に先駆けて、フェライトコアなどが不要なノイズビートテープの導入など、ごく初期からさまざまな見地に立って多様な対策に取り組んできました。清々しく澄み切った信号を伝送する座標に立つ。それが今日のアクロリンクです。 素線材D.U.C.C. Stressfree 7N Cu、直径0.18mm×34本、導体径1.2mmをポリエチレン(ホット=白)、ポリオレフィン(コールド=黒)の絶縁体層により直径2.2mmの芯線を成形。これを軟質ポリオレフィン内シースによって固定。銅箔テープと4N5-OFCを横巻に2重に巻き付けてトリプルシールド層を形成、外部からのノイズ混入を阻止。さらに紙テープを巻いて静電レベルを低減化し2芯シールドタイプ本来の性能と音質=ハイスピード・ワイドレンジ&ハイダイナミックサウンドを具現化。また、RCAピンプラグはアクロリンク新オリジナルパーツ。カバーを振動モードの異なるアルミニウムとカーボンファイバーによる複合構成と厚肉重量化で不要振動を極小化。センターピンには伝送特性に優れたティルル銅をこのクラスに採用。中空パイプ構造、ダイレクトロジウムメッキとして伝送特性をより一層高めています。またコールド側にもはじめて保護カバーを創設。XLRコネクターでは実績・信頼性ともに揺るぎないノイトリック社製を採用。オス・メスともコンタクトピンには高音質真鍮に下地レス・ダイレクト金メッキ仕様。亜鉛ダイキャスト製のケースは大肉厚超重量、不要振動を抑制し、マイクロフォニックノイズの低減に貢献しています。ケーブル本体と相まって可聴帯域外の十数ギガヘルツまで低歪み& フラット領域拡大が本質的な音質向上をもたらしています。 D.U.C.C. : Dia Ultra Crystallized Copperは三菱電線工業株式会社開発によるオーディオケーブル用高純度銅導体で、結晶粒を一般的な純銅の数十倍以上まで大きく成長させ、かつ結晶格子の方向性を揃えた素材です。結晶粒は大きいほど結晶粒界(結晶と結晶の境界面)が少なくなり、音質上のメリットは大きいのですが、金属の結晶には方向性がありこれも揃える必要がありました。X線照射による解析現象によりその方向性は観測できますが、母線、伸線工程、アニール(焼鈍)などの製造工程を最適化することで「オーディオ信号の伝送に最適な方向性」を具えた極めて優れた線材が完成したのです。 独創のストレスフリーの7N Cu :アクロリンクのストレスフリー製品は独自の特殊焼鈍処理と高純度銅の特性により、あまりに大きな外部応力でない限りセルフアニール現象で組織を健全な状態に復元することを実現した世界でも唯一のケーブルです。伸線加工後の加熱処理時点で原子配列の転移は通常の4N 銅に比べ1/10 億のオーダーを達成、結晶粒の数も1/80~1/100となっています。さらに電流が流れることによってエ一ジング=セルフアニール環境が促進され残留歪が減少し組織が健全に回復して、より高音質化するのです。 断面構造図 製品仕様 ●ケーブル 外径寸法 : 8.0φmm 導体 : D.U.C.C. Stressfree 7N Cu 0.18φ×34本撚り 2本(白・黒) 絶縁体 : ポリエチレン系樹脂(ホット)+高分子ポリオレフィン系樹脂(コールド) 内シース : 軟質ポリオレフィン系樹脂 シールド : 銅箔テープ+4N5 OFC二重横巻き 外シース : 耐UVポリウレタン樹脂 導体抵抗 : 28mΩ/m 静電容量 : 59pF/m ●RCAプラグ センターコンタクトピン : 中空構造ティルル銅 コールド : リン青銅 メッキ : ダイレクトロジウムメッキ カバー : アルミニウム+カーボンファイバー ●XLRコネクター オス側コンタクトピン : 真鍮 メス側コンタクトピン : 真鍮 メッキ : ダイレクト金メッキ ケース : 亜鉛ダイキャスト

セール中のアイテム