new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/19

Aurorasound (オーロラサウンド) HFSA-01

371,800円

送料についてはこちら

※お取り寄せ商品です。 ※価格は定価表示です。実際のご提供価格はお安くなりますので、説明文の下にあります 【このアイテムについて問い合わせる】 からお問い合わせください。ご購入手続きの際は、ご指定の時間帯でアイテムの価格を変更いたします。お手数をおかけしますが宜しくお願いいたします。 当店にてご試聴できます。 【商品説明】 真空管と半導体のそれぞれの長所を生かしたハイブリッド構成のステレオプリメインアンプです。EL84真空管で14W+14Wの出力を持ち、バスとトレブルのトーンコントロールを備えています。入力部にはフォノイコライザを内蔵しMMカートリッジに対応、3チャンネルのRCAアンバランス入力端子を備えています。 スピーカー出力は4Ωから8Ωのインピーダンスまでカバーできるよう端子があり、ヘッドフォン出力も備えています。 フロントパネルの両脇にはマホガニー材でアクセントをつけ、レトロなデザインでリラックスできるオーディオライフを演出いたします。 きわめてオーソドックスな構成ですが、ハイレゾデジタル音源からアナログレコードまで、いつの時代にも求められるオーディオアンプとしての基本機能をおさえ、音質、性能とも満足できる製品として開発いたしました。 特徴 出力真空管EL84は6BQ5と同等の5極管で、プッシュプル動作をさせ、ひずみ率や周波数特性に優れたウルトラリニア接続となっています。EL84のドライブにはオーディオ用高精度オペアンプの定番であるテキサスインスツルメンツ社のOPA604Aで位相反転回路を構成し理想的なプッシュプル駆動ができるように独自の回路を開発いたしました。 トーンコントロール部は聴感的にわかりやすいCR型を採用し小型スピーカーでも豊かな低音や耳に優しい高音をお好みに合わせて調節できます。 フォノイコライザ部は一般的なMMカートリッジに対応し、SN特性の優れたNF型回路をリニアテクノロジー社の半導体で構成しています。 電源部は真空管回路と半導体回路を独立分離させ、いかなる音量や周波数においてもお互いの干渉がないようにしています。整流ダイオードには最もノイズの少ないローム社のシリコンカーバイドを採用。 出力トランスや電源トランスは本回路に合わせたオーロラサウンド特注の国産品で抵抗やコンデンサ類も厳選した高品質のものを採用しています。 仕様 入力:Phono-MM, ゲイン40dB, カートリッジ負荷インピーダンス47kΩ, RIAA偏差 +/-1dB RCAアンバランス, CD, LINE-1, LINE-2 トーンコントロール:BASS +/-12dB, TREBLE +/-12dB, 出力:最大14W + 14W 8Ω負荷 周波数特性:10Hz ~ 40kHz, -3dB, Tone Flat THD+N:0.08%, 1kHz, 2W, A-weighted SNR:93dB, LINE IN-OUT 各種機能:トーンコントロールパスのDIRECTスイッチ、Stereo/Mono切り替え、ヘッドフォン出力 電源電圧:AC100V 50/60Hz, 消費電力150W 大きさ、重さ:W360 x D320 xH145mm 突起物含む、10.3kg 付属品イージーコンペセイター トーンコントロールを利用して古いレコードのイコライジングカーブを補正する基準点を記したものになります。実用上、問題ないレベルの+/-1.5dBになっております。

セール中のアイテム